ブンセキノート

SNSをメインとしたビッグデータの分析・活用情報をお届け

これからどうなる?音楽ストリーミングサービスの話題比較

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の夏から、様々な音楽ストリーミングサービスの提供が開始され、話題になりましたね。みなさんは一度お試しになりましたか?

最近の話題としては、先日AppleのCEOのTim Cook氏が「Apple Musicの有料登録ユーザーが世界で650万人以上いる」とアナウンスしていたりと、これからも動向が気になるサービスです。しかしながら私的な話で言うと、最近はApple Musicの話題しか耳に入ってきていませんが、現在他のサービスはどうなのでしょうか?

今回はそんな音楽ストリーミングサービスのうち、「LINE Music」「AWA」「Apple Music」の3サービスに関して、サービス開始から9月末までのTwitter上での話題推移を簡単に調べてみました。

Apple Musicの出現に対するインパクト大!

サービスの開始タイミングなどで、大きくバズが発生する傾向にありますが、その中でもApple Musicは特に大きなバズを発生しています。提供開始前の発表でも大きなバズがあるところを見ると、ユーザーの期待値は相当高かったことが伺えます。

20151022_image_1_1

一方でAWAは、音楽ストリーミングサービスそのものがまだ浸透していなかったためか、サービス開始時にほとんど話題になっていないようです。

有料化したら話題が激減したLINE Music

サービスの提供開始から時間が経つと、ツイートの量は大分落ち着きます。そんな中、LINE Musicは8/10を境に、話題が激減しています。

20151021_image_1_2

この現象は「有料化に伴いユーザーがサービスの利用をやめた」「別サービスへ乗り換えた」のが主な理由のようで、LINE Musicのトライアルから有料化が始まった8/10以降で利用ユーザーが減少したことが、話題量にも影響しています。

以下のようなカキコミも見られることから、LINE Musicの主なユーザーが「音楽の視聴にお金を出したがらない学生」という傾向にあったことも理由のひとつかもしれません。

LINE MUSICの無料トライアル終わった…(´-ω-`) 嘘でしょ?まさかの30秒しか聴けないパターン…。 学割で30日間600円て書かれてるけど泣

実は安定的な話題性をもつAWA

一方でAWAが、8月以降の話題量が3サービスの中で一番多いという現象が起こります。サービス開始当初、全く話題になっていなかったAWAがなぜでしょうか?

調べていくと、AWAにコンテンツを置くアーティストの告知ツイートを、ファンがRTする傾向が多く、安定的にAWAの話題になっているようです。

20151021_image_1_3

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここから、どんな層のユーザーが使っているのか、音楽ストリーミングサービスでの課金についてどう考えているのかなど、カキコミを深く掘り下げた調査をしていくと面白いかもしれません。

今後、Apple MusicやAWAも、LINE Musicと同様に有料化したタイミングでユーザーは利用を継続するのか?既に有料化が始まっておりますが、どんな反応・行動を取るのか気になるところですね。

 - Research   -

無料ですぐ使えるSNS分析ノウハウブックを配布中!

運営会社のデータセクションでは、プロモーションの効果検証やペルソナ作成に役立てられるSNS分析テクニックを、だれもが使えるように纏めた資料を配布中です。

ダウンロードする