ブンセキノート

SNSをメインとしたビッグデータの分析・活用情報をお届け

本当に大丈夫?マイナンバー制度に関する話題を調査

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近テレビを観ていて話題が絶えないなぁと思うこと。それは2015年10月5日から施行されたマイナンバー制度でのトラブル。

いくつかの自治体では住民票に個人番号が記載されてしまったり、マイナンバー制度に便乗した詐欺で被害者が出たり、さらにはマイナンバー汚職事件なるものも・・・。

世間では早くも不安のムードが漂っているようです。そこで今回は、マイナンバー制度に関して、施行された2015年10月5日以降ののTwitter上での話題の傾向をざっくりと調査してみました。

やっぱりネガティブ?マイナンバー制度

まずはマイナンバーについて、ポジティブな投稿とネガティブな投稿の割合を調べてみました。すると、過半数以上がネガティブな結果に。

20151021_image_2_1

トラブルがあると過敏に反応せざるを得ない不安

施行当初、運用面などから不安なためか、かなり話題になっています、それから1週間経つと大分話題も落ち着いたと思いきや、マイナンバーが住民票に記載されてしまったトラブルやマイナンバーに携わっていた官僚による汚職問題が共に発生し、再びバズが発生します。

20151021_image_2_2

こんなトラブルもあると、こんな意見も・・・

マイナンバー、別に制度自体は何も思うとこないけど漏洩対策が企業も国もガバガバなの見えてるし今後の展望も不透明で漏れた時の影響すら見えないのがクソだと思う

もうほんと、マイナンバーなんざやめちまえ………!って毎日思ってるぅ……………

おまけ:一応、こういうことには注意してください

あと今回の調査でこんなカキコミが大量にRTされていました。

「Twitterにマイナンバー書くと自動的に伏せ字になるんだね!Twitterすごい!→*************」 みたいな感じでアホに真似させてマイナンバーをPostさせる奴も絶対出てくる。

・・・多分こういう機能はSNSで実装されることはないと思うので、みなさん注意しましょう。

まとめ

マイナンバー制度については不安な意見が多く、特に情報が漏れたというようなトラブルになると、大きく反応される傾向にあるようですね。それだけ国民が今注目・関心を持っている重要な制度だということが分かります。
施行してまだ1ヵ月経たず・・・今後もネガティブな面での話題で盛り上がりそうです。

 - Research   -

無料ですぐ使えるSNS分析ノウハウブックを配布中!

運営会社のデータセクションでは、プロモーションの効果検証やペルソナ作成に役立てられるSNS分析テクニックを、だれもが使えるように纏めた資料を配布中です。

ダウンロードする