ブンセキノート

SNSをメインとしたビッグデータの分析・活用情報をお届け

今だから使ってほしい!アナログレコード愛好者のためのコミュニティサービス「Recodeli」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20151022_image_1_eyecatch

今年は定額制の音楽ストリーミングサービスが流行りましたね。
(※その音楽ストリーミングサービスについて調査した記事はこちら
しかしその一方で、音楽のアナログレコード・カセットテープなどが注目されているのはご存知でしょうか?

実は近年、レコードなどの価値が見直され、レコードを買う・聴くユーザーが年々増えているようです。最近だと「レコードの日」や「レコードストアデイ」など様々な販売イベントが行われたり、関連する書籍・アイテムが販売されるなど、レコードの市場規模はこの数年で急激に大きくなっています。

そんなアナログ志向なリスナーが増えている中で、使っていて損はないサービスが存在します。そこで今回はアナログレコード愛好者のためのサービス「Recodeli(レコ―デリー)」についてご紹介。「この趣味を共有・共感したい!」という人にもおすすめなので、チェックしてみてください。

Recodeli:https://recordeli.com/

自分のレコード棚をクラウドで管理・公開

「Recodeli」は、自分の所有するレコードを登録して、Web上で公開・閲覧することができるサービスです。
いうなればインスタグラムのレコード版みたいなものでしょう。
ここに登録しておけば「このレコード、持ってたっけ?」みたいなのも簡単にチェックできます。

20151022_image_1_1

アーティスト名・アルバム名を入れれば、簡単に登録できる仕組みになっているので使わない手はないですよね。

20151022_image_1_2

他のユーザーのレコード棚もチェックできる

もちろん、他のユーザーのレコードコレクションもチェックできます。
自分も知っている名盤から、ほとんどの人が知らないマニアックな盤と様々なレコードが登録されており、眺めているだけでもかなり面白いです。

20151022_image_1_3

このサービスを利用している著者としては、自分が次に購入したいレコードの参考にしたりしています。

レコードの売買交渉も可能

ここが一番ポイントで、自分が欲しいレコードを登録しておくことで、普段レコードショップなどの市場に出回らないレア盤などを手に入れることができるケースもあります。逆に、手放したいレコードも買い手がいれば売りに出すこともできます。

20151022_image_1_4

これを探しているけど見つからない!という人は、一度利用してみる価値がある機能ですね。

まとめ

自分のコレクションを公開できたり、他人のコレクションもチェックできる面白いサービスです。また自分が売りたいもの・本当に欲しいものをトレードするチャンスがあるというのも、ポイントですね。
ライトなユーザーからヘビーユーザーまで誰も活用できるものなので、一度使ってみてはいかがでしょうか?

 - PickUp   -