ブンセキノート

SNSをメインとしたビッグデータの分析・活用情報をお届け

スマホアプリ「Adobe Post」でSNSへの投稿写真はより魅力的になるのか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Adobe Post:https://post.adobe.com/

あっという間に2015年も残り数日・・・。クリスマス、大晦日に正月と、これからイベントラッシュが続きます。イベントとなると、記念に写真を撮影してFacebookやInstagramに投稿することが、最近では当たり前になっていますね。

そんな中、先日Adobeは、スマートフォンから画像を編集し、SNSに投稿できるアプリ「Adobe Post」を提供開始しました。

公式サイトには「Create Stunning Social Graphics in Seconds」という言葉が冒頭に記載されていますが、この言葉通り、すぐに魅力的な画像を作ることは可能なのでしょうか?実際に使ってみて、どんなことができるのかを簡単にご紹介します。

無料ですぐ使えるSNS分析ノウハウブックを配布中!

スマートフォンでできる完成度の高いデザイン

画面下中央にある「+」をタップすると画像編集に進みます。自分の撮影した画像の編集はもちろん、フリーの画像検索や、また、Adobeのサービス「Lightroom」「Creative Cloud」から取得・編集が可能。また素材が既に用意されている「Remix」からの編集もできます。

画像やテキストは、タップで選択・配置したり、またピンチアウトなど拡縮・回転したりなど、直観的に編集することが可能です。フォントデザインや枠のデザイン、透過度なども自由に変更できるため、スマートフォン内で完成度の高いデザイン画像を作成することができます。

デザインの知識がなくても、カンタンに魅力的に仕上がる

注目すべきは豊富なテンプレートデザインとカラーバリエーション。画像とテキストを入れて、画面下の「Design」「Palette」「Photo」から自分の好みのものを選択するだけでも素敵なデザインに仕上がります。

下のように、テンプレートと配色の選択によって印象が大きく変わります。一種類の画像素材でも様々な組み合わせで試してみるといいでしょう。

まとめ

デザインに関する知識が無くても、テンプレートをそのまま使うだけで、簡単にセンスのある画像を作成・投稿できるのが魅力のひとつです。様々なイベントで写真を撮影・投稿する機会が多くなる年末年始。写真を華やかにする、他のユーザーとひとつ違った投稿にするのに一度使ってみてはいかがでしょうか?

 - PickUp   - ,