ブンセキノート

SNSをメインとしたビッグデータの分析・活用情報をお届け

熊本地震は熊本のみにあらず!大分・長崎・福岡の被害状況ツイートまとめ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20160420_image_1_eyecatch

今も余震が続いている熊本地震、みなさんご存じの通り震源地である熊本では、家屋の倒壊、火災、土砂災害など甚大な被害が出ていますね。
一方で、熊本以外の被害状況はどのようになっているのか、あまりフィーチャーされていないので、今回はそれに関してツイッターで調べてみました。

以下、大分・福岡・長崎と地域ごとに分けてツイートや被害状況をまとめてみました。

無料ですぐ使えるSNS分析ノウハウブックを配布中!

大分県の被害状況について

今回の地震に関するツイートを見ていくと、大分県の被害状況についてつぶやいている内容がいくつかありました。

上記ツイート画像を見ると、避難者の数では別府市と由布市、断水・給水世帯では日田市が多いということがわかります。

これらの地域に焦点を当てて、大分県内の詳しい被害状況を見ていきます。

①由布市の場合

由布市では食物、飲料、電気に問題は無いものの、飲料水の不足が顕著になっているようです。これは地震の影響で水道水が濁ってしまっていることが原因のようですね。

②別府市の場合

別府市では、未だ余震が続いているものの地震速報は流れないとのこと。石垣や鳥居などの損壊も多いようです。出来る限り、大通りを利用したほうが良さそうです。

③日田市の場合

日田市では、断水による影響で飲料水が不足しているようです。また、土砂崩れにより国道212号が通行止めになっているようです。

④九重町の場合

九重町でも日田市同様、断水により飲料水が不足しているようです。生活水を川や池まで汲みに行く方も出ているようです。

長崎県の被害状況について

ここまで大分県の被害状況について述べましたが、次いで多かったのが長崎県、とりわけ天草市と島原市の被害に関するツイートでした。

①天草市の場合

天草市は地震による直接の被害は少なかったものの、物流が滞っている模様。なかでもトイレットペーパーや子供用のオムツなどの消耗品が不足しているようです。

②島原市の場合

目立った被害は無いものの建物や外壁の損壊があるようです。特に心配されているのが雲仙普賢岳の麓にいる方々。島原市は物資ルートが熊本のみということで、天草市と同様、物資が滞っている状態だそうです。

福岡県の被害状況について

福岡県では目立った被害は無かったようで、佐賀県と協力し、被害の大きな地域への支援を行っているようです。

しかし熊本県近辺に位置する大牟田市、八女市では物資の不足などが一部あるようです。

①福岡市の場合

福岡市では、市の公式アカウントが積極的に救援物資に関する情報を流しています。実際に市が「WITH THE KYUSHU プロジェクト」を立ち上げ、支援物資提要について協力を呼びかけています。

「WITH THE KYUSHU プロジェクト」:http://lineblog.me/takashima/archives/58480494.html

②大牟田市の場合

大牟田市は、それ程被害が無かったとのことで、支援活動を中心に行っているようです。

しかし、お店の品物が買い占められ、大牟田市民が困惑しているとのことです。

https://twitter.com/kyunikyo0626/status/722067552243847168

③八女市の場合

目立った被害の無かった福岡県ではありますが、そもそも被害状況が分かっていない地域も…。

まとめ

上記のようにツイッターを探っていくと、熊本以外の地域における被害状況が分かってきました。特に多かったのが物資の不足でした。

一方でこんな被害も…

熊本地震の影響により、九州地方ではホテルなどのキャンセルが相次いでいるようです。

そのような中で4月18日付の毎日新聞によれば、『JR由布院駅前や湯の坪街道の店の約4分の1が営業を再開。海外からの客も訪れるなど、少しずつ人通りが戻ってきた』との報道もあります。

由布院、少しずつ「通常の顔」に 海外客も訪問:http://mainichi.jp/articles/20160419/k00/00m/040/046000c

今後、観光面への影響が懸念される中、各地域の自治体がどのように動いていくのか、注目していくべきではないでしょうか。

九州地方各地域の物資・交通状況は常に変わっていきますので、
この記事で取り上げた問題がすでに解決している場合が十分にありえます。

熊本のみならず、九州地方の一刻も早い復興が望まれます。

無料ですぐ使えるSNS分析ノウハウブックを配布中!

運営会社のデータセクションでは、プロモーションの効果検証やペルソナ作成に役立てられるSNS分析テクニックを、だれもが使えるように纏めた資料を配布中です。

ダウンロードする

 - Research   - , ,