ブンセキノート

SNSをメインとしたビッグデータの分析・活用情報をお届け

第1回AI・人工知能EXPOに行ってきた

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1回AI・人工知能EXPO(http://www.ai-expo.jp)を観にビッグサイトに行ってきたので、記者独自の目線と、SNSでもどういう評判だったのかの二つの視点でご紹介します。

とにかく混んでいる

ビッグサイト受付に着いてみて真っ先に飛び込むのが……「臨時受付」!?
 

そう、とにかく混んでいるのです。時を同じくしてビックサイト会場で開かれていた第7回コンテンツ東京(http://www.content-tokyo.jp)も同じ入場者バッジで入れたためとはいえ、本当に人が多い!
私もこの混雑の中で写真を撮るのは大変でした……。

とにかく人だかりです。その混雑ぶりは夏コミ以上という声も!?

中にはあまりの混雑ぶりに疲れて帰った人もいたようです。
しかしそれだけ、このAI・人工知能分野が注目されているということですね。
もっともホットなAI・人工知能のブームに遅れまいと、多くの業種の人たちが訪れていた印象でした。

では中の様子もご紹介していきます。

かわいい女の子がお出迎え!?もーっと人に近寄るチャットボット!

チャットボットの身近なところでいえば皆さんもご存知、iPhoneのSiriでしょうか?Siriといえばこちらの音声を認識して天気を教えてくれたり予定を登録してくれたり、なかなかのスグレモノ。
今回のEXPOで多くの企業が出展していたのもそんなチャットボットでした。

なかなかの美少女キャラたち!日本人が好きそうな漫画タッチのキャラクター調で描かれています。
しかし単なる会話相手だけでなく、こんな商業利用の方法も……?

24時間サポートしたい・使いたい人が多い介護サービスやお客様サポートデスク対応などに、人の代わりにこういった技術が入ってくれることで、いつでも気兼ねなく安心して利用できてありがたいですね。

ディープラーニングするためのアレもビジネス化?

最近では、人の顔や工場製品の検知をする画像解析技術も流行っています。
製品の異常検知や、運転時に人の顔を機械が識別して事故を未然に防ぐなど、用途も様々。

しかしディープラーニングを導入するためには事前に大量のデータが必要です。そこでこんなサービスを提供している企業も……?

ディープラーニングを導入するためのビジネスがもうすでに始まっているなんて、人工知能にまだまだ仕事を奪われずに済むかも……?なんてちょっとだけ考えちゃいます。

最後に

いかがでしたか?
次のAI・人工知能EXPOは規模を3倍にして出展受付中で、早くもいいスペースが埋まりつつあるようです。日本企業のAIブームからはまだまだ目が離せませんね。
来年の今頃は混雑もAIの力でなんとか捌いてくれたりしないだろうか……なんて、混雑の疲れの中、近未来技術に触れながら思いました。
ではでは!

 - Research   - , , ,

無料ですぐ使えるSNS分析ノウハウブックを配布中!

運営会社のデータセクションでは、プロモーションの効果検証やペルソナ作成に役立てられるSNS分析テクニックを、だれもが使えるように纏めた資料を配布中です。

ダウンロードする